肥満を気にする人は少なくありませんが、肥満対策で重要なことは、原因を取り除くことです。人によって肥満の原因は異なりますので、とるべき対抗策も異なってきます。ダイエットに成功するためには自分の肥満の原因を追求したうえで、自分に合ったダイエット方法を見つけることが重要です。摂取カロリーが多過ぎることが、肥満の原因には挙げられます。飲酒やジュースの飲み過ぎ、肉や揚げものの食べ過ぎなどが肥満の原因になりやすいといいます。原因の一つとしてあげられるものが、基礎代謝が下がることです。人間の体は、安静にしていても生命維持のために一定のカロリーを使います。これを基礎代謝といい、成人でおよそ1200kalです。基礎代謝は、年齢や普段の運動不足によって低下します。基礎代謝が下がると脂肪の燃焼がしづらくなります。便秘の肥満の原因になります。食事を摂取すると、必要なエネルギーは小腸や胃に吸収され、残りは大腸に送られます。慢性の便秘になると余分な糖分や脂肪分が長時間大腸に停滞するので水分と一緒に体内へ再吸収されてしまうのです。ホルモンの調子を悪くしたり、自律神経が乱れたために、肥満体型になったしまったという人もいるといいます。気持ちが原因となり、ホルモンバランスを損ねたり自律神経が失調するなどして、カロリーの吸収率が急に上がったりします。食事に含まれるミネラルが少ないことも肥満の原因だといいます。パンと肉の欧米風の食事のため、肥満になることもあります。肥満の原因を見つけ出し、自分に合った肥満対策方法を決めることが重要になっています。

小児肥満の原因と対策

近年、肥満になる子供が少なくないようですが、どのような原因が考えられるのでしょう。カロリー過多なために肥満になる子供が多いようです。小さいころから甘いものや脂肪分の多いもの、ファーストフードやお菓子などを与えすぎると子どもでも肥満になります。乳幼児期は、果物の食べ過ぎがカロリーオーバーの原因にもなります。食事は薄味で、ご飯と味噌汁と、おかずを三品が理想的な食事です。肥満の原因にる食べ物には、カレーや丼もののような一品で済む食事や、ファストフードなど子供が喜ぶ食事がありますので、注意してください。ジュースやおやつの摂取量についても、気をつけていきましょう。外で活発に遊ぶ子供の姿は、この頃は少なくなりました。家にこもってゲームをする子供が増えています。ゲームの時間は節度を持って、が大事です。子供の肥満の原因の一つに、運動不足があります。体を動かす習慣づけをすることで、肥満を予防することが可能です。テレビでは子どもをターゲットにした食品のCMも少なくありません。テレビやゲームより、外で遊ぶ方が楽しめるという子供になれば、食べ物を欲しがることもなくなりますし、運動量を増やすことも可能です。肥満の原因には、食習慣などの時間管理が不規則なこともあります。寝る時間、起きる時間を早め早めに設定し、1日3食をきちんと食べ、お通じもよい状態を保つことで、肥満の原因を取り除けます。健康的な生活と、栄養バランスのとれた適度な食事が、子供の肥満対策に有効です。肥満の原因が大人にあることもありますので、確認してみてください。

肥満が原因で起こる病気

日本人の肥満率が問題になっていますが、肥満が原因の疾患は意外と色々あるようです。私たちの体内では年齢とともに筋肉量や骨量が減り体を支える力が弱くなります。肥満になると、ただでさえ加齢で減っている骨や関節に重みがかかりやすくなり、関節の痛みへと発展します。体重を支える骨や関節は、肥満などで負荷が大きくなれ転びやすくなり、骨折の原因になります。肥満が原因でリスクが高くなる病気は数多くあります。睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝、すい炎、痛風などは、比較的よく知られているものです。肥満は、がんにかかりやすいとも言われています。前立腺がん、乳がん、大腸がん、子宮がんなどが肥満と関連深いがんです。糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、肥満が原因で起きる身体的な症状です。病気が重複して発症するメタボリックシンドロームとも密接な関係があります。動脈硬化リスクが高くなるので、生活習慣病は早めに対策すべきですが、そのためには肥満対策が必要です。心臓や脳を傷つけて命を落としてしまうようなことにならないように、早くに対策を講じましょう。欧米人に比較すると、日本人は肥満が原因の生活習慣病にかかりやすいと言われています。インスリンを分泌する量が、もともと少ないためです。肥満の原因にしっかり対策を講じておくことによって、健康改善効果を得ることができるのです。